信用取引とは!?初心者でもわかる株式投資

ズバリ解説!これが信用取引だ!


株式相場の世界において、信用取引は欠かすことができない取引手法です。それだけ重要であるにも関わらず、その仕組みの複雑さなどから、中にはその実態をよく理解していないトレーダーもいるほどです。
信用取引とは、非常に簡単に言ってしまえば、一定の資金を保有していることで証券会社に信用してもらい、資金や株そのものを借りて運用する取引のことです。具体的には、委託証拠金を証券会社の専用口座に入金しておき、その額に準じて銘柄を買う場合には資金を借り、銘柄を売る場合には株を借りるといった内容になります。委託証拠金はその際の取引で生じた損失を埋め合わせるために利用されたりしますが、損失額が委託証拠金における一定の額を割り込むと「追証」が発生して、損失が発生した当日の営業時間までに不足分を差し入れる義務が発生してしまいます。

信用取引をするメリット・デメリットはどこにあるの?


中には「お金や株を借りてまで取引をして何の意味があるの?」と疑問に思う人や、そもそも貸借関係が生じることに対して漠然とした不安を感じる人も多いことでしょう。名うてのトレーダーの中にも、「絶対に信用取引はしない!」と決めている人もいるほどです。しかし、信用取引には大きなメリットがあるのも事実で、上手く活用することができれば、投資家に大きな利益を呼び込んでくれます。
メリットは大きく述べて2つあります。まず、現物取引と比較して少額な資金で取引が行えるようになり、費用効率が良い点。2点目は、現物取引では不可能な「売りからのスタート」がかけられることです。つまり信用取引を行うと、利益が得られるチャンスが拡大するのです。
一方で、信用取引には損失も利益と同様に拡大しやすいというデメリットがあります。現物取引で通用していた裁量トレードも、信用取引になると突然通用しなくなって損失が膨らむ可能性が大きいため、その運用にはしっかりとした理論と規律に即した管理が求められることを十分理解してから行うようにしなければなりません。